市民税の納付と源泉税の滞納

金曜日に一か月滞納していた市民税預かり分6月分(5,800円)と7月分(4,600円)を払ってきました。

今回、市民税6月分は滞納一か月なので、延滞金100円がついてしまっています。

一か月遅れると督促状が送られてくるのですが、もう何回も一か月遅れでの支払いを重ねています。

国税である源泉税のほうは、納期の特例申請を行うことにより半年に一回で良いのだけれど、市民税にはそのようなものがないのでどんなに小さな会社でも毎月支払い事務が発生します。

しかも、コンビニで支払いできず金融機関の窓口となるため、面倒なのです。

金額もあまり多くないので、つい忘れてしまいます。苦笑

でも、督促量100円も一年だと1200円だから勿体ないですね。

来週月曜日には、半年分の源泉所得税預り金を納付をしなければなりません。本当の納期限は7月10日だったのですが、すっかり忘れていました。笑

今のところ、国税局から電話は来ていないみたいですが、早く払わないとヤバイです。


[豆知識]

「預かり金」という意味ですが、勘定科目のひとつで会社がサラリーを社員に払う際に税金額等を差し引いて給与を払い、その際預かった金額を本人に代わって納付する、という意味です。会社と個人事業主との違いの一つ。

預かり金となるものには他に社会保険料、源泉所得税などがあります。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

シュン

Author:シュン
バツイチ・シングルライフを気ままに綴ります。
出身地:新潟県
性別:男

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
訪問者
QRコード
QR