映画REDを見た

昨日見たレンタル映画はREDです。ひさしぶりのブルース・ウィリス主演映画です。

やっぱり、このオジサン、期待を裏切らないね。笑


T0009429p.jpg


ストーリー (シネマトディより)

元CIAの腕利きスパイ、フランク(ブルース・ウィリス)は、心静かに引退後の日々を送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつて苦楽を共にした仲間たちを招集。フランクの元上司のジョー(モーガン・フリーマン)や、元イギリスの元MI6諜報部員のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)ら引退した超一流のスパイたちが続々と集まる。
(引用終わり)

感想

この映画で活躍している主人公たちは、元CIAエージェントだった中年の男女たち。

この作品を手にしたときから、同じく中年である自分の年齢もあり、少し共感できそうな感じがしてた。

見ると、やはり面白い。どこかしら抜けている感じの中年たちがいい味を出している。

だが戦闘モードになるとかつての凄腕エージェントだったころの片鱗が垣間見えるのだ。

特に元女性CIAエージェントのヘレン・ミレンが面白い。


アクション映画物の爆発シーンって、しつこくてやり過ぎ感を感じることもあるけど、ブルース・ウィルス映画の場合は何故かスッキリしますね。


↓ブログランキングに参加しています。どれかクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ

にほんブログ村

映画インターステラーを見た

今週見たレンタルは 「インターステラー」(原題 INTERSTELLAR)

クリストファー・ノーラン監督による2014年のSF映画です。

Interstellar_gplus_v3.jpg

概略 映画.com より引用

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品。世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアの男の姿を描く。主演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒー。共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ノーラン作品常連のマイケル・ケインほか。「ダークナイト」や「インセプション」同様に、ノーラン監督の実弟ジョナサン・ノーランが脚本に参加。撮影は、これまでのノーラン作品を担当していたウォーリー・フィスターが自身の監督作「トランセンデンス」製作のため参加できず、代わりに「裏切りのサーカス」「her 世界でひとつの彼女」などを手がけて注目を集めているホイテ・バン・ホイテマが担当。
(引用終わり)

感想

このSF映画の特徴のひとつは、アインシュタイン博士の相対性理論に基づく時間の遅れがストーリーに表現されている点です。

地球人類滅亡の危機から救うため、移住先となる惑星候補を探しに光速近く出せる宇宙船で宇宙航行するわけですが、高速で移動する宇宙船の中では相対性理論により地球から見ると時間の遅れが発生します。
主人公クーパー達のミッション時間の経過に対し、地球上の人々は何倍もの年月が経過してしまう訳です。

妻を亡くしたクーパーには愛する幼い娘と息子がいるのですが、娘と息子は父親には会えずに地球時間で何年も経過していきます。
クーパーや子供たちは苦悩しつつ、やがて子供達は成人し、ついに父は自分たちを見捨てたのではないかと疑い始めます。

こういった家族愛を描いているところが、この映画を単なるSF映画やアクション映画にはないテイストを持たせていると感じました。

原題の「interstellar」は星と星の間とか、惑星間と言った意味です。

自分的には、結構面白かったですよ。特に宇宙や科学が好きな人にはおススメします。


↓ブログランキングに参加しています。どれかクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ

にほんブログ村

映画 SAFE を見た

あいかわらず、レンタルブルーレイの旧作ばかり見てる。

だって、安いんだもん。笑

ゲオだと1週間レンタルで80円ですよ。

さて、昨日の土曜日に見たのはSAFE。

ゲオの旧作ランキングに乗っていたので、大きく間違いは無いだろうということで選択。

主役のジェイソン・ステイサムが渋い味を出しています。


poster.jpg


ストーリー映画.comより引用)

「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムが主演し、ニューヨークを舞台に1人の少女を守るため壮絶な戦いに身を投じていく男の姿を描いたアクション。過去のある事件で職を失ったニューヨーク市警の元刑事ルーク・ライトは、地下格闘技のファイターとして落ちぶれた生活を送っていた。ある日、本来なら負けなければいけない八百長試合で誤って相手をKOしてしまい、そのせいで損害を受けたロシアンマフィアがルークの妻を惨殺。絶望したルークは地下鉄で飛び込み自殺をしようとするが、妻を殺したロシア人一味が1人の中国人少女を追っている姿を目撃し、とっさに少女を助ける。少女はある大きな秘密を抱えており、ルークは少女ともども、チャイニーズマフィアや汚職警官グループに追われる身となる。
(引用終わり)

感想

どちらかというと、ストーリーの面白さより元刑事ルーク・ライトの格闘技に見応えありです。

とにかく、この男強い!です。

さらに、走り出した電車でも中に入ってしまうし、走り出してドアが閉まった電車からも普通に脱出してしまう。

ドアが閉まる前に行動すればいいだけじゃん!っていう一人ツッコミしてしまいましたけど。笑

自分的な評価としては、つまらなくはない。そこそこ面白い。なによりアクションがいい。

が、すごくいいストーリーを持った映画だなとか、少女が魅力的だなとかあまり思わなかったですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ

にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

シュン

Author:シュン
バツイチ・シングルライフを気ままに綴ります。
出身地:新潟県
性別:男

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
訪問者
QRコード
QR