ケーブルTV契約を続けるメリットは

10数年前、現在の家を建てるときに地元のケーブルTV局と契約していました。

アナログ電波受信だと電波の状態次第では画質が劣るからです。

地上波がデジタル放送に代わったことにより、このメリットがなくなった感じです。デジタル放送なら多少電波が弱くても、ある程度の受信感度があれば鮮明な画像で見られます。

それで、ずっとケーブルTV契約を止めて、屋根にデジタル受信アンテナを設置しようかと思案していました。

毎月の値段は最低の料金プランで2,800円ほど掛かっています。毎月2,800円でも年間にすれば3万以上ですから馬鹿にできません。

追加の料金が掛かるBS放送などは、昔は見てたときもありますが、今はあまり見たいという気になりません。

それが、最近メリットを発見しました。日曜日の午前中にNHK WORLD TVを見られることです。

IMG_20141012_095233.jpg

この番組を英語で聞くことで、英語のヒアリングトレーニングをしています。

自分はそんなに語学力は無いので半分以上判らないのですが、聞き取れるフレーズがあるとちょっとだけ為になった気がします。

また、スマフォの音声入力翻訳アプリで聞き取ったフレーズを入力してみて、聞き取った構文とあっているか確認することもあります。

その他のメリットとしては、地元で年一回開催される花火大会が生中継されることでしょうか。

地元では全国的にも有名な花火大会が開催されるのですが、昔は家族で敷物を持ち、食べ物やお酒を買って見にいっていました。

離婚してからは家の中で映画館のように暗くして、お酒を飲みながら花火中継を見るスタイルが恒例になりました。

これはこれで結構楽しめます。むしろ、現地に行くよりもまったりできますし。

まあ、それだけですが当分はこのままの契約でいこうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

シュン

Author:シュン
バツイチ・シングルライフを気ままに綴ります。
出身地:新潟県
性別:男

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
訪問者
QRコード
QR